大野コンクリートは、地域に根差したコンクリート2次製品全般の設計・開発・製造・施工およびサービスまでのプロセスを提供する会社です。

大野コンクリート株式会社

お問い合わせ・総合受付はコチラ
TEL:092-874-5678
FAX:092-874-5656

宅地用L型擁壁 ハイタッチウォール

(H3250-H5000)

特徴

  • 1. 前壁が垂直なので土地の有効利用が図れます。
  • 2. 擁壁の天端にフェンスを取り付けることができます。
  • 3. 製品間の接合に柔軟に対応するため、プレート継手を採用しています。

設置条件

土質定数

項目 長期 短期
常時 フェンス荷重 地震時
土の単位重量 γs=18kN/m³
コンクリートの単位重量 γc=24kN/m³
表面載荷 q=10kN/m²
フェンス荷重 pF=1kN/m
土圧算定式 クーロン式 物部・岡部式
背面土の内部摩擦角 Φ25°~45°
支持地盤の摩擦係数 μ=tanθ(μ>0.6の場合 μ=0.6とする)
地震時設計震度 水平震度 kH=0.2
鉛直震度 kV=0

荷重(外力)の組み合わせ・・・・下記3タイプの組み合わせについて検討します。
常時(長期)([自重)+(主働土圧)+(表面載荷)]
フェンス荷重(短期)([自重)+(主働土圧)+(表面載荷)+(フェンス荷重)]
地震時(短期)([自重)+(主働土圧)+(表面載荷)+(擁壁・裏込め土水平慣性力)]

●岩盤に設置する場合を除き根入れ深さは、前壁高さの15/100(その値が35cmに満たないときは35cm)以上とすること。ただし、擁壁の設置される基礎地盤の内部摩擦角が30°未満であるときは、前壁高さの20/100(その値が45cmに満たないときは45cm)以上とする。(宅地造成等規制法施行令第八条より)
●その他築造に関する諸条件は「築造仕様書」によること。

標準施工

施工歩掛

呼称   3250 3500 3750 4000 4250 4500 4750 5000
型枠種別   兼用 専用 兼用 専用 兼用 専用 兼用 専用
擁壁高:H m 3.25 3.50 3.75 4.00 4.25 4.50 4.75 5.00
底版幅:B m 2.25 2.25 2.50 2.50 2.80 2.80 3.00 3.00
製品参考質量 個/tf 5.87 6.17 7.22 7.52 9.08 9.33 10.61 10.91
使


ハイ・タッチウォール 5 5 5 5 5 5 5 5
基礎砕石 m³ 4.90 4.90 5.40 5.40 6.00 6.00 6.40 6.40
基礎コンクリート m³ 2.45 2.45 2.70 2.70 3.00 3.00 3.20 3.20
基礎コンクリート型枠 m² 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00
止水コンクリート m³ 0.10 0.10 0.09 0.09 0.08 0.08 0.08 0.08
止水コンクリート型枠 m² 0.31 0.31 0.30 0.30 0.27 0.27 0.26 0.26
透水層(裏込め砕石) m³ 4.58 5.00 5.10 5.53 5.77 6.22 6.29 6.74
フィルター(吸出防止材) m² 4.14 4.24 4.43 4.68 4.92 5.17 5.36 5.61



世話役 0.39 0.45 0.56
ブロック工 0.39 0.45 0.56
普通作業員 1.17 1.35 1.68
ホイールクレーン賃料 0.39 0.45 0.56
ホイールクレーンの規格   20~22t吊り 25t吊り 35t吊り
諸雑費 11

標準施工歩掛表

標準施工歩掛表

(注)

  • 1. 型枠種別の「兼用」は、直近上位呼び名の「専用」製品の前壁上端を0.25mカットした製品です。
  • 2. 使用材料の仕様および規格は、ハイ・タッチウォールマニュアルを参照してください。
  • 3. 設置歩掛の工数等は、「国土交通省土木工事積算基準」(平成15年度版)を参考にして作成しいます。本歩掛は、ハイ・タッチウォールの設置に関わる標準的な施工に適用されるもので、現場条件により上表により難い場合は別途考慮してください。
  • 4. 歩掛は、現場内小運搬(10m程度)を含み、敷モルタルの施工、ブロック間の接合およびフィルター(吸出防止剤)の設置までの作業であり、床掘り、基礎砕石、基礎コンクリート、止水コンクリート、透水層(裏込め砕石又は透水マット)、埋め戻しは含みません。
  • 5. 本歩掛は、ブロック長さL=2m/個を基準とします。
  • 6. 諸雑費は、敷きモルタル・フィルター(吸出防止材)の材料費であり、労務費、ホイールクレーン(排出ガス対策型)賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上してください。
詳しくはこちら