大野コンクリートは、地域に根差したコンクリート2次製品全般の設計・開発・製造・施工およびサービスまでのプロセスを提供する会社です。

大野コンクリート株式会社

お問い合わせ・総合受付はコチラ
TEL:092-874-5678
FAX:092-874-5656

RBPウォール工法 / 切土法面補強工法(逆巻き)

NETIS登録 No.QS-160035-A

特徴

RBP
 1. 耐震性に優れた法面補強用プレキャストコンクリート
  パネルです。
2. 急勾配斜面安定工法及び地山補強土工法に基づき、
  PC鋼棒によって連結されたプレキャストコンクリート
  パネルと地山に挿入された補強材とが一体となって
  切土法面及び地山の安定化を図る工法です。
3. 急勾配 (1:0.2~0.5)による長大法面 (最大直高20m )
  の構築が可能です。
4. プレキャストコンクリートパネルで地山の表面を保護し
  ながらコンクリート壁体を構築することができるため、
  逆巻き工法での施工が可能です。
5. 逆巻き工法での施工により、地山掘削残土量の大幅な
  低減が可能です。
6. プレキャストコンクリートパネル同士をPC鋼棒によって
 一体化し、プレストレストコンクリートを構築すること
  より、耐震性の向上が期待でき壁ます。

概要




RBP
RBP
詳しくはこちら